雇用支援事業

これまでピースジャムはニーズ調査を行う中で、子育てをするお母さんの雇用問題を目の当たりにしてきました。

 

働きたくても雇用の場がない。

子どもを預けられる場所がなく働けない。

 

このような理由で働けないお母さんの新たな雇用創出として、2011年10月から雇用支援事業を開始。

子育てをしながら働ける環境づくりに取り組んで参りました。

現在はジャム部門、縫製部門の2部門で商品の製造、販売事業を展開。この売上の一部を働くお母さんの収入にあてています。

 

2014年9月には気仙沼市落合地区に団体の工房が完成しました。

この工房の中心にはキッズスペースがあって、子供を看ながら働くことができるため、安心して子どもを連れて働くことができます。

 

ピースジャムでは、震災をきっかけに雇用支援事業をスタートしましたが、この地域以外の働きたいお母さんが安心して働ける雇用の場を創出できるような事業展開も視野に入れて活動しています。

 

※バナーをクリックすると進みます。


 

 

手づくりジャム【Peace Jam】

ジャム部門では、東北産の素材を中心に使い、素材本来の美味しさや食感を引き出すために切り出しから瓶詰めまで全てが手作業の無添加ジャムを製造、販売しています。

 

現在作っている野菜ジャム3種類とフルーツジャム3種類は、

素材と素材を組み合わせたミックスジャム。

 

野菜や果物の旨みがギュッと詰まったジャムは、そのまま食べても、お料理に加えてもお楽しみいただけます。

 

 

イギリス発の子育て万能布【Baby Muslin 】

速乾性や吸水性に優れたイギリスの伝統的な万能子育て布「モスリンスクエア」を、東北の助産院、保健所等からの要請に基づき、合計6000枚以上を支援物資として送る活動をしていたベビーモスリンプロジェクト(旧・モスリンスクエアプロジェクト)は、ロンドン在住日本人の乳幼児のお母さん達により2011年3月11日の東日本大震災直後に発足されました。

 

2012年夏からは、物資支援から雇用支援への転換を目指し、ピースジャムとのコラボにより、日本初の国産モスリンスクエアである「ベビーモスリン®」を2013年より販売開始。

現在ピースジャム縫製部門ではこのベビーモスリンを手作業で心を込めて一枚ずつ縫製しています。

 

※ベビーモスリン®はピースジャムショップよりお買い求めいただけます。

 

プロジェクト詳細はバナーをクリックしていただくとご覧になれます。

 

気仙沼ママさんの手作り商品はこちらからお買い求めいただけます